トップ > 会社案内 > 沿革

会社案内Company

沿革

昭和11年11月
初代社長 松尾清蔵が、茨木市大字小野原1002番地に松尾洋瓦製造所を創業。
和洋瓦および赤煉瓦の製造販売を開始する。
昭和24年7月
松尾洋瓦株式会社に改組する。
昭和34年3月
建築用コンクリートブロックの製造販売を開始する。
昭和42年5月
建築用コンクリートブロックのJIS マーク認証工場となる。
昭和57年1月
不動産賃貸部門を株式会社西分と改組。
昭和57年3月
インターロッキングブロックを製造開始。
昭和59年8月
コンクリート平板を製造開始。
昭和61年10月
タイガーマシン製PS−30型インターロッキングブロック専用機および研磨機を設置。
昭和62年6月
ショットブラスト加工機を設置。
平成元年1月
建屋面積1,000m2の新工場を建設し、コンピュータ制御の全自動ブロックマシンを設置。
平成6年3月
全自動ブラストマシンを設置。
平成6年7月
インターロッキングブロック1m2マシン、タイガーマシン製PS−100を設置。
平成7年6月
株式会社マツオコーポレーションに社名変更。 
平成11年2月
タイガーマシン製TG−12BSVマシンを設置。
平成11年7月
タイガーマシン製インターロッキング用インラインブラストマシン2基を設置。
平成13年5月
平野営業所を開設。
平成15年5月
橿原ヤードを開設。
平成16年2月
ベイパー養生システムを設置。
平成17年2月
名古屋営業所を開設。
平成17年6月
プレキャストコンクリート製品(JISA5371インターロッキングブロックおよび平板)のJIS マーク認証工場となる。
平成20年3月
兵庫営業所を開設。
平成20年12月
和歌山営業所を開設。
平成28年11月
創業80周年を迎える。
お問い合わせ

ページトップへ